Guesthouse Tennoji, ゲストハウス 天王寺, 大阪, ゲストハウス, Hostel,Guesthouse in Osaka 大阪, 安宿, Japan

今年も残るところわずかです。

今年も残るところわずかです。

ゆく年、くる年

年の瀬です。今年もあとわずかですね。
皆さまには大変お世話になりました。
心からお礼申し上げます。

今年は、1月から急にお客様が増えて嬉しい悲鳴を上げ続けていた一年間でした。
開業当初は全く宿泊のご予約がはいらず、朝起きて「さて、今日は何をしようか?」と悩むのが日課でした。悩んで焦って五里霧中の開業一年目でした。

たまにお客様が来られても、その方以外に宿泊者無しのさびしい状況でして、やはりゲストハウスにお泊りになられる方は色々な出会いも期待されておられますので、同宿の方がいないくて残念がられる様子を見るのは、とても心苦しかったものです。

そんな日々でしたが、ある日、一人の韓国からのお客様がお越しいただきそこから状況が激変しました。

その方も、宿泊当日は他のお客様が一人だけの状況でして、チェックインの際、他の宿泊客がいらっしゃらないのを残念がられたようにお見受けされました。
その姿に大変申し訳気持ちになり、当時は長期滞在の韓国人の方が何人かいらっしゃったので、晩にその方を含め皆でささやかな鍋パーティをしました。
そのことに感激されたようで韓国の旅行サイトにこちらの滞在記を書き込みしていただきました。
関空からこちらまでの来方を写真入りで、またゲストハウスのお部屋や設備、その鍋パーティのこと、ゲストハウス周辺の観光スポットなど、本当に丁寧に書き込んでいただきました。

そのブログ記事を見た韓国からのお客様が急増し、同じようにご宿泊後、ネットでこちらを紹介したいただきました。
それから他の国のお客様も徐々に増え続け、やっと思い描いていたゲストハウスの状況になりました。

この一年間、宿を運営しながら気づき、いつも心がけていることがございまして、僭越ながら申し上げますと「目の前の小さなことからコツコツと」です。
私は、自他認める不器用人でして商売もど下手の唐変木です。しかし、自分の中で一つ大事にしてる言葉があります。
「お客様の気持ちをわかることが商売なんだ」です。
つまり、私の仕事は個人旅行で大阪に来られてゲストハウスに泊まりたい人の気持ちをわかることです。そのためには、一生懸命お客様を見るしかないのです。小さなことからコツコツと。

今年一年間、色々国や地域からお越しいただいたお客様。まだまだ至らないことだらけのゲストハウスでしたが、ご宿泊いただきありがとうございました。

また、共にゲストハウスを運営してくれたヘルパーさんやアルバイトスタッフさん。
リネンやその他納品業者様。
本当に感謝です。
私一人の力では全うできませんでした。

「人は一人では生きていけない」
その言葉を実感しつつ感謝の気持ちで今年を締めくくらせていただきます。

それでは、皆さま良いお年を!!
来年もゲストハウス天王寺を宜しくお願いいたします!!

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional